fc2ブログ
先日、職場へ献血バスが来たので、献血をした。


日ごろから血液不足が叫ばれているので、なるべく機会を見つけて定期的に受けるようにしている。


それと、献血をするのはもう一つの目的がある。


それは、献血後に赤十字血液センターから送られてくる血液の検査成績を健康管理の指針としているからだ。


検査項目には、GPTや総蛋白、コレステロール値などがあり、前回の履歴もあるので比較することができる。特に、コレステロール値の変化とかは、年齢的にも気をつけなければいけない。


それと、3月から新たな検査項目のサービスとして、グリコアルブミン(糖尿病関連)の検査が導入された。


糖尿病も現代人の生活習慣病の一つであるし、もしなったら、食事制限や生活管理など大変だという話しを聞く。さらに合併症など引き起こせば、動脈硬化、失明などに繋がる。


こういった糖尿病の検査で行う血糖値検査は、空腹時の採血を行っているので、献血時の検査には適さなかったらしいが、グリコアルブミン検査は、血糖値の変化を間接的に調べる検査で、過去2週間の平均血糖値を反映していると言われているので、献血時でも可能になったようだ。

それで、今回の検査結果だが、

                         (標準値)
コレステロール    169       110~250mg/dl

グリコアルブミン   14.9%      16.5%未満


コレステロール値は、前回185だったので減っていたのが嬉しかった。


国内では、メタボリック症候群の予備軍まで含めると、2000万人と言われている。


この数値に甘んじて油断してると、すぐ予備軍となりそうなので、これからも気をつけていこう。
スポンサーサイト



テーマ:思ったこと・感じたこと
ジャンル:日記
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/10/28(Sun) 02:46:14 |