fc2ブログ
この前、テレビで2009年流行グッズを紹介していた。

その中で、「クルトガ」というのがあったので、何だ?って

思って見ていたら、シャーペンのことだった。

物が分かれば、名前からだいたいのことは想像できた。


要は、文字が太らないで、書き続けられるシャーペン。


従来のシャーペンだと書き続けていれば、芯が潰れて

だんだんと文字が太ってしまい見た目が悪い。

でも、クルトガには、「クルトガエンジン」なるものが

ついており、ギアが回転することにより、芯が少しずつ

回るので、均一に字が書ける。


お値段は、普通のシャーペンより、だいぶ高く450円も

するが、中高生には、人気があるとのこと。

最近、「東大生のノートは美しい」という本も話題になって

おり、字を見やすくするためには、1本持っていてもいいし、

大事に使っていけば、安物を何本も買うと思えば、決して高くはない。


学生でもないので必要ないと言われれば、それまでだが、

好奇心旺盛な私としては、このクルトガをさっそく購入してみた。

たしかに、字は潰れることなく、均一な字が書ける。

日本人って、こういう改良する技術(知恵)って、

スゴイなって感心させられる一日だった。
スポンサーサイト



テーマ:思ったこと・感じたこと
ジャンル:日記
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック