fc2ブログ
人間万事(じんかんばんじ)塞翁が馬」という言葉を聞いた。

ご存知の方もいると思うが、語源を調べてみた。



出典は、中国前漢時代の思想書「淮南子(えなんじ)」に由来する。



昔、中国の北方の塞(とりで)に、占いの得意な老人(塞翁)が住んでいた。

ある日、塞翁が買っていた馬が逃げ出した。周りの人が慰めると、塞翁は「これは、幸いになるだろう」と言った。

数ヶ月後、逃げた馬が、立派な駿馬(しゅんめ)を連れて帰ってきたので、周りの人が御祝に行くと、塞翁は「これは、災いになるだろう」と言った。

ある日、塞翁の息子が、駿馬に乗っていたら、落馬し足を骨折したので、周りの人がお見舞いに行くと、塞翁は、「これは幸いになるだろう」と言った。

一年後、隣国との戦乱が始まり、若者はほとんどが戦死したが、塞翁の息子は、足を骨折していたので、兵役を逃れて命が助かった。



この故事から、幸と思えることが、後に不幸になり、またその逆もあることから、例えとして「塞翁が馬」と言われるようになった。


語源を調べるうちに、今、ニュースで話題になっている派遣社員の解雇や就職の内定取り消しを受けた大学生の姿がオーバーラップした。

つい、最近まで普通に働いていて、突然、解雇を告げられたら、どんな気持ちだろう。

結婚が間近にせまっていたのに、解雇された人もいた。

年末には、住む家もなく、派遣村にお世話になっている人もいた。

この痛み、辛さは、本人にしか分からない・・・



今まで、幸福だったのが、一転して不幸になる。まさしく、吉凶・禍福は変転し、予測できない。


これは、世の中、全ての人に言えること。


ただ、「塞翁が馬」のように、ずっと災いばかりが続くのではなく、災いの後には、幸いが訪れる事を信じて、今、大変な思いをしてる方には、前向きに頑張ってもらいたい。

スポンサーサイト



テーマ:思ったこと・感じたこと
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック