fc2ブログ
1月11日は、正月に供えた鏡餅を下ろして鏡開きをする「しきたり」になっている。

最近では、わざわざ餅つきをして鏡餅を供える家庭は少なくなり、スーパーに売っている鏡餅を型取った容器に、包装された小さな餅が入ったお飾りセットを供えている家庭が多い。

利便性や後で食べる衛生面を考えたら確かにいいことかもしれないが、簡便化するあまり、本来、鏡餅は神仏にささげ、1年の始めをお祝いするという意味は忘れないようにしたい。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

鏡開きは、神霊が刃物を嫌うため、包丁を使わずに手や木槌などで鏡餅を割り、雑煮や汁粉にて食べる行事。

昔の武家では、神仏からいただいた鏡餅を主君や家来を集めて一緒に食べ、家族や主従の親密を深めることに意味があったらしい。
当初、鏡開きは、1月20日に行っていたらしいが、江戸時代になってから徳川 家光の忌日が20日に当たることから、11日に変更されたらしい。




もともと、餅が苦手な私も、神仏からいただいた鏡餅に感謝し、家族の絆を深めながら、妻が作ってくれた美味しい汁粉をいただいた。
スポンサーサイト



テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック